再生4象限AC負荷–モデル9430

誘導性、容量性、または抵抗性の負荷をシミュレートする回生AC負荷。

特徴

  • 8サイズ– 4〜96kW
  • 単相、分割、または三相プログラマブル
  • 10〜350VAC
  • 30〜880Hz
  • 10〜400VDCまでのDC動作
  • 無効電力能力2.6x実電力
  • シンク電力は、90%を超える効率で施設に再生されます
  • 力率範囲:-1から+1
  • 波高比の範囲:1.414〜4.000
  • 高解像度波形デジタイザ
  • 9インチタッチパネルユーザーインターフェイス
  • 高電力密度/最小ラックスペース
再生AC負荷モデル9430-NHResearch(NHR)

アプリケーション

9430は、選択可能な位相入力/出力と内蔵の波形デジタル化測定システムで電流調整される4象限の回生AC負荷です。シンクモードでは、熱として放散されるのではなく、施設のメインに電力を送り返します。 9430は、ほぼすべての線形または非線形の負荷をシミュレートできます。アプリケーションには、Vehicle to Grid(V2G)、ソーラーおよびグリッド接続インバーター、UPS、AC電源、整流器、回路ブレーカー、およびヒューズのテストが含まれます。

利点と利点

利点

  • 世界初のフル機能の4象限AC電子負荷
  • 高い無効電流機能を備えた100%Si-Cベースの設計(HiVAR®)
  • 350VACln最大880Hzおよび400VDC
  • 以下を含む複数のロードモード:
    –定電流(CC)/電力(CP)/ VA(CS)
    –一定抵抗(CR)
    –定数シリーズRL(CRL)
    –ユーザー定義可能な電流波形
  • 自動テストスタンド開発を簡素化します
  • 内蔵の測定システム:
    –トリガー可能なセット&ammp;計測
    –ソフトウェアで選択可能な1、2、または3相動作
    –分離されたデジタル入力と出力
    –組み込みのSWウォッチドッグと安全制限
  • テスト開発時間を短縮するソフトウェアツール:
    –PCベースのツールとNI認定ドライバー
    –NI認定のLabVIEWおよびIVI-C / IVI-COMドライバ

利点

  • 再生可能で、90%を超える電力を施設に返します。これにより、大幅な電力節約が実現します。
  • より高い電力にフィールドアップグレード可能
  • 電力使用プロファイルを完全にエミュレートします
  • 非理想的で過渡的な相電流をシミュレートする

AC負荷4-象限動作

9430 AC負荷の最もユニークな機能は、すべての4象限で動作する機能です。この双方向機能により、2象限AC負荷に比べてAC負荷シミュレーションが大幅に拡張されます。より具体的には、9430 AC負荷により、誘導性または容量性負荷(低力率)によって引き起こされる逆電流を生成できます。つまり、ACサイクルの一部でUUT(ソース)に電力を送り返します。このようにして、9430は実際の無効電力の流れを正確に複製します。

HIVAR設計は、真のパワーを低下させることなくリアクティブローディングを提供します

この高度な設計機能により、従来の負荷で通常必要とされる実際の電力(ワット)を通常低下させることなく、高い無効負荷の入力電力をテストできます。

パワートライアングル-NHリサーチ(NHR)
パワートライアングル

いくつかのエミュレーションモード

最も広い範囲の負荷条件でテストを提供するために、9430 AC負荷は、定電流(CC)、定抵抗(CR)、定電力(CP)、および定見かけ電力(CS)を含むいくつかのエミュレーションモードで動作します。

ユーザー定義の波形

プログラム可能な電力と波高比に加えて、9430 AC負荷は、独自のグラフィックエディタを使用して非線形波形を作成することができます。このエディタを使用すると、直線から開始したり、電流、電力、波高比に基づいて生成された波形を変更したりできます。

パワートライアングル-NHリサーチ(NHR)
ユーザー定義の非対称電流

アプリケーションのテスト

アプリケーション:

  • 任意の力率でのフルラインの外乱
  • グリッドユーティリティテスト、インバーターテスト、UPSテスト
  • EV負荷テスト
  • スイッチ、ヒューズテスト
  • 線形および非線形負荷、誘導性および容量性負荷の要件。

関連製品

ACおよびDC回生試験装置について質問がありますか?

NHRが特定のニーズに合うテストソリューションをカスタマイズする方法については、今すぐお問い合わせください。